【横浜の脂肪吸引おすすめドクター情報】

SBC横浜院・竹田ドクターがおすすめ!

 

SBC横浜院・脂肪吸引の問い合わせはコチラ

 

このサイトについて

横浜および近隣エリアで脂肪吸引の名医を探している人のための情報です。

 

脂肪吸引は複数の手術法がありますが、できれば最新のベイザー法で行いたいものです。

 

傷口が小さくて済み、傷みも少なく、術後の経過・仕上がりも旧式手術とは全然違います。

 

ただ、ベイザーの機械がある美容外科クリニックも使用資格保有医師もまだ限られています。

 

当サイトでは、湘南美容外科クリニック(SBC)横浜院の竹田啓介ドクターを推しています。

 

竹田ドクターの経歴と推薦理由

帝京大学医学部卒業。

 

同大学付属病院の麻酔科、形成外科などを経てSBC入職。

 

現在、横浜院院長 兼 SBC脂肪吸引総括指導医。

 

まず、SBC脂肪吸引総括指導医ということは、湘南美容外科クリニックの中でも最も脂肪吸引が上手いということです。

 

(脂肪吸引の達人・相川総院長は別でしょうが)

 

SBCは全国に44院も展開する美容外科業界で最大手。

 

何十人もいる脂肪吸引ができるドクターの中でトップの腕前ということです。

 

最新機VASER(ベイザー)の資格をもっているのはもちろんです。

 

この資格の取得には、コロンビアで海外研修が必要で、日本でまだ少ないのが現状です。

 

しかも、「VASER最高位ドクター」の称号を得ており、これは日本初にして国内唯一です。

 

文字通り、日本で最高のベイザー脂肪吸引ドクターなのです。

 

そして、麻酔医の経験がある。

 

脂肪吸引を上手にこなすには麻酔の技術がとても重要なのです。

 

麻酔が下手だと痛くて途中で続けられなくなるし、脂肪をたくさん取り残すことになります。

 

日本麻酔科学会認定医、厚生労働省麻酔科標榜医でもあり、麻酔の腕についても安心です。

 

湘南美容外科(SBC)について

美容外科はドクター個人の職人技なので、クリニック選びよりドクター選びが先決です。

 

しかしながら、脂肪吸引についてはベイザー機器を持っていないと話にならないので、クリニック選びも大切です。

 

SBCは脂肪吸引にとても力を入れており、全国の多くの院にこの高価で希少な機器を導入しています。

 

もちろん、横浜院にもあります。

 

SBC創業者にして総院長の相川佳之ドクターが、もともと脂肪吸引で頭角を現した人。

 

脂肪吸引に対してはとりわけ厳しいし、SBCの脂肪吸引は全般にレベルが高いと考えて間違いありません。

 

また、SBCは美容外科業界のグレーな慣行に反旗を翻して急成長しているクリニックです。

 

  • 手術前に徹底的に説明して納得してもらう。
  • 料金を明確にし、相手によって変えたり、卑怯な追加請求をしない。
  • 強引な勧誘や関連商品売り込みをしない。
  • 儲かる手術でも患者のためにならないと判断すれば断る。
  • 術後も担当ドクターがしっかりフォローする。
  • クレームには真摯に対応し、常に改善していく。

 

以上のようなことは「当たり前」と思うかもしれませんが、美容外科業界ではまったくそうではないのです。

 

他院で手術を受けられた場合、上記のようなことは必ずしも約束されないと心得てください。

 

SBCは、こういう当たり前のことをきっちりやっていくと明確に公言している数少ないクリニックなのです。

 

クリニックの姿勢という観点からも、SBC横浜院の竹田ドクターを選ぶのは大正解だと思います。

 

SBC横浜院・脂肪吸引の問い合わせはコチラ